チラシ制作はマーケティングの出発点

■繰り返し打ち続ける

 

「チラシとは、自社の一番の商品を力相応の商圏エリアのお客様にわかりやすく伝える技術である」といえる。

つまり、チラシを作成し、打ち込むことこそが、マーケティング活動の出発点となるのである。

例えば、自社の適性商圏が10万人であるにもかかわらず、15万人分のチラシ(約5万枚)

を打ち込んだとしよう。そうすると、往々にして打ちすぎている5万人分のエリアからは

ほとんどお客は来ない。そんな無駄をするくらいなら、10万人の商圏に繰り返し繰り返し打ち続けたほうが集客は増すものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です