様々な広告

TVCM、新聞広告、週刊誌の広告、ラジオ広告のマスコミ4媒体広告はいずれも何千万という巨大な広告費を使い不特定多数の人に提供する広告媒体だ。それぞれの媒体特性にあう商品に向いている。もし朝刊を手に昼休みディーラーや販売店に入っていくサラリーマンやOLがいたら、それが夕方のニュースになるだろう。一方、広告といえばポスターだという人もいる。今でも駅貼りのポスターは大きなビジュアル効果で私たちの目を射止める。しかしほしいと思ってすぐに行動に移せるのは駅の売店で買える商品や、上映中の映画だろうか。その他の、例えばAV製品、情報端末、電子機器、車などは、他のマスメディアとの組み合わせで広告され、補完的役割と言えなくもない。現代ではポスターだけの広告の実質的効果に、太鼓判を押せる時代ではなくなったのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です